海外のFX業者では、

・高レバレッジ
・ゼロカット
・ボーナス

といったように、
FXをする上で国内のFX業者にはない
魅力的なシステムが多くあります。

 

その中でも、海外のFX口座を使うなら、
私が特におすすめするのがXMです。

 

実際に私自身も、
海外のFX口座では
XMをメインに使っています。

 

ただ、いくらXMがおすすめとはいえ、
その理由も説明しないと、
何が良いのかわからないですよね。

そこで今回は、XMについて、
徹底的に評価してみたので
是非、参考にしてみてください。

 

しかし、あまりにも
詳しく評価しすぎたので
最後まで読めないかもしれません(笑)

だから、目次を見て、
興味のある部分だけを読んでもOKです^^

 

目次を確認したい場合はコチラ

レバレッジが888倍

海外のFX口座を開く一番のメリットに、

“ハイレバレッジでトレードできる”

というのがあります。

 

そして、XMの場合、
スタンダード口座を開くと、
レバレッジが888倍です。

その為、小資金からでも、
トレードができるので、
拘束される資金が少なく済み、
その分、リスクも減るのでおすすめです。

 

ただ、「リスクが減る」と書くと、

「ハイレバの方がリスクが高いでしょ!」

とガヤを入れてくる人が必ずいます。

 

確かにハイレバレッジの場合、
少ない資金で大きなポジションが取れるので、
一回の損失で全てを失う事もあります。

でも、それが起きるのは、
資金のリスク管理をせずに、
過剰なトレードをするからです。

 

それは「ハイレバレッジ」
という仕組みが危険なのではなく、

ハイレバ=大きく稼げる

という、
その人の考えが危険なだけです。

 

むしろレバレッジが高い方が、
少ない資金でトレードできるので、
拘束される資金が少なくて済みます。

 

例えば、
日本のFX口座のレバレッジが
10倍になってしまったら、
1枚のポジションを
取るのに必要な金額は、
ドル円を100円と考えた場合、
10万円も必要になります。

一方で海外のFX口座であれば、
XMの888倍を例にすると、
1枚のポジションを
取るのに必要な金額は、
たったの1,126円です。

 

これは非常に大きな差となります。

 

なぜなら、スイスショックが起きた時に、
損切り設定をしておいても、
その通りに約定せずに、
損切りレートよりも遥かに悪いレートで、
損切りをされることが多発しました。

これによって、
資金を全て失っただけでなく、
借金を数百万背負った人も多数出ました。

 

つまり、トレードするのに
必要な資金が多いと、
“○○ショック”
といった暴落が起きた時に、
全て資金を失った場合、
日本のFX口座だと、
10万失ってしまうところを、
海外のFX口座なら1,000円弱で済むのです。

 

このような事からも、
海外のFX口座を使う事は、
実は資金のリスク回避になり、
レバレッジが888倍もあるXMは
おすすめなのです。

レバレッジ888倍が
本当に危険なのかについて
更に詳しく知りたい場合はコチラ

 

スプレッドが比較的低い

基本的に海外のFX口座を開くと、
日本国内の業者に比べると、
スプレッドは広いです。

 

特にポンド円のような、
高いボラティリティがある通貨は、
スプレッドが5を超える事はザラです。

その為、せっかくのチャンスなのに、

「スプレッドが広くて入れない」

といった事もあります。

 

XMの場合、大体平均すると、

ドル円:1.3~
ユーロドル:1.3~
ユーロ円:2.5~
ポンドドル:2.1~
ポンド円:3.5~

といったように、
ポンド円でさえ、
スプレッドが3程度で済むので、
海外のFX口座の中では、
スプレッドは狭いほうです。

 

だから、数pipsの利益を取るような、
スキャルピングを除けば、
特に大きな影響は出ないので、
この点から見ても、
XMはおすすめです。

 

因みにXMの場合、
Zero口座というFX口座もあります。

これはその名の通り、
スプレッドがゼロな口座です。

 

私はこっちのFX口座を
メインに使っているのですが、

・ドル円
・ポンドドル
・ユーロドル

といった、ストレート通貨が、
スプレッドゼロの事が多いです。

 

ポンド円やユーロ円など、
クロス通貨の場合は、
0.7~1.3ぐらいが平均です。

 

ただし、Zero口座の場合、
手数料が取られます。

その手数料は、
ちょうど1pipsぐらいです。

 

だから実質は、
1.0~2.3ぐらいが平均です。

それでも、
スタンダード口座に比べると、
スプレッドが狭く、
使い勝手はかなり良いので、
Zero口座もおすすめです。

 

因みに、Zero口座の場合、
レバレッジは500倍がMaxなので、
スタンダード口座に比べると、
低いレバレッジですが、
正直、500倍もあれば十分です。

 

XMのスプレッドについて、
更に詳しく知りたい場合はこちら。
海外FX業者のXMのスプレッドを徹底的に暴露!【画像あり】

 

ゼロカットで追証が掛からない

海外のFX口座を使うと、
“ゼロカット”
という追証が掛からないFX口座が、
意外に多くあります。

 

これは、相場が急変して、
万が一、必要証拠金以上の損失が出た場合、
その損失を補填してくれる制度です。

 

レバレッジの箇所でお伝えしたように、
「○○ショック」
と呼ばれる大暴落が起きて
レートが急落すると、
いくら損切り注文を入れておいても、
その注文レートよりも
遥かに悪いレートで損切りされます。

これが起きてしまうと、
資金がマイナスになってしまい、
そのFX業者に対して、
借金を背負うことになります

 

ただ、海外のFX口座の場合、
このゼロカットによって、
万が一、資金以上の損を出して
借金を背負った場合、
その借金をチャラにしてくれます

 

この制度は、ハイレバレッジに加えて、
海外のFX口座を使う大きな利点です。

 

XMの場合も、
このゼロカットが付いているので、
万が一資金がマイナスになったとしても、
その分はリセットをしてくれます。

 

因みに、私も昔、指標で博打をしたら、
見事に負けてしまい、
資金がマイナスになってしまいました(笑)

その時に30分ぐらい放置しておいたら、
資金がリセットされて
ゼロになっていたので、
このゼロカットが
しっかり機能している事を確認しています。

 

このゼロカットがある点から見ても、
XMを使う事はおすすめです。

 

 

ゼロカットについて、
更に詳しく知りたい場合はコチラ

 

ボーナスが付く

海外のFX口座を利用すると、
このボーナスがある事が多いです。

ボーナスとは、
使う海外のFX口座に
初めて資金を入金した際に、
入金した資金に応じて、
更に証拠金を増やしてくれる特典です。

 

XMの場合、

 

・新口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・ロイヤルティ

といった3つのボーナスが存在します。

 

新規口座開設ボーナス

これは、XMを初めて使う場合、
新規口座を開設するだけで、
3,000円のトレード資金が
もらえるボーナスになります。

 

 

その為、このボーナスを利用すると、
自己資金ゼロからでも、
FXのトレードができてしまいます。

 

「たった3,000円?」

なんて思うかもしれませんが、
XMはレバレッジが888倍もあるので、
たった3,000円であっても、
1万通貨でトレードができます。

 

だから、コツコツ増やしていけば、
3,000円の資金が、
1万、3万、5万と増えていき、
立派な収入を得ることだって可能です。

 

もし、口座ボーナスを使って
口座開設をする場合は、
必ず以下の記事を参考にしながら
口座開設をしてください。

さもないと、3,000円の資金を
もらえなくなる可能性もあるので。
確定!XMの口座開設で3,000円を確実にもらう方法とは?

 

入金ボーナス

XMでは入金ボーナスがあるのですが、
5万円までの入金に関しては、
100%ボーナスとなっています。

また、5万円を超える入金の場合は、
入金額に応じて、
最大50万円相当のボーナスが付きます。

 

 

その為、例えば5万円入金したら、
100%ボーナスによって、
もう5万円分のクレジットが貰えます。

これによって、資金10万円で
トレードができるようになるので、
少額の資金からでも
十分トレードで稼ぐことが可能になります。

 

しかも入金ボーナスは、
入金するたびに何度でも使えます。

入金ボーナスについて詳細はコチラ

 

ロイヤルティ

XMでFX口座を開設してトレードをすると、
“XMポイント”
というポイントが溜まっていきます。

そして、このポイントを
トレード用のクレジットに換金できるのが、
ロイヤルティというボーナスになります。

 

しかも、ロイヤルティには、
ステータスというのがあって、
多くトレードをしていくと
どんどんステータスが上がっていきます。

そして、ステータスが上がっていくと、
もらえるポイントも増えていきます。

 

その為、少額の資金から始めても、
コツコツトレードをしていくと、
このXMポイントも溜まるので、
トレード資金として追加できます。

このボーナスは、
他の海外のFX業者では見ないので、
XM特有のポイントになります。

 

こんな感じで、
XMには3つのボーナスがあるので、
フル活用すれば
トレードをするのにすごく役立ちます。

 

XMのロイヤルティについて、
更に詳しく知りたい場合はこちら。
絶対使うべき!XMのロイヤルティプログラムとは?

 

サポートも日本語対応

海外のFX口座を使う上で、
日本語対応かどうかも重要です。

 

せっかく、
レバッレジやゼロカットなど、
色んな条件が整っているのに、
日本語対応していなければ、
かなりキツイものがありますよね。

 

もし、英語が得意であれば、
何も問題ありませんが、
そうでない場合は、
日本語対応をしている
海外のFX口座を開くべきです。

XMに関しては、
もちろん日本語対応で、
全て日本語で通じます

 

私も、何度か問い合わせを
した事がありますが、
全て日本人の方が対応してくれたので、
スムーズでした。

あと、XMの場合、
海外のFX業者にしては、
意外に対応が早いです。

 

メールで質問すれば、
その日の内か、
次の日には必ず返事がきます。

(土日祝日はのぞく)

 

また、平日の9時~21時であれば、
日本語チャットができるので
その場ですぐに
疑問を解決することもできます

だから、このサポートの対応の良さも、
XMがおすすめな理由の内の1つです。

 

 

入金方法の種類も多い

XMの入金方法としては、

・クレジット・デビットカード
・ビットウォレット
・ビットコイン
・銀行送金

この4つの方法が使えます。

 

しかも、銀行送金以外は、
入金が即時反映されるので、
すぐにトレードをしたい場合には
ものすごく便利です。

 

入金方法について、
更に詳しく知りたい場合はこちら。
XMの入金方法を徹底調査!ベストな入金方法はどれ?

 

出金も問題なく出来る

私は海外のFX口座を、
恐らく30社以上開いて、
色々使ってきましたが、
昔は出金がとにかく酷かったです。

 

利益が出たから出金依頼をすると、

「規約違反をしたから利益を取り消す」

なんていきなりメールが英語で来て、
出金が出来なくなりました。

 

更に最悪な事は、
“出金完了”というメールが来たのに、
全然、日本に届かないので問い合わせると、

「出金手続きはしたから後は知らん」

って言われて、日本の銀行に確認しても、
「着金してない」と言われて、
結局、資金が行方不明になって、
そのまま揉み消された事もあります(笑)

 

でも、XMなら普通に出金できるので、
この辺りも心配はないでしょう。

 

クレジットカードでも、銀行振り込みでも、
出金依頼をすれば、すぐに対応してくれて、
今のところトラブルは起きた事はないです。

 

因みに、XMの出金方法としては、

・クレジットカード出金
・銀行への出金
・i-Account
・ビットウォレット
・ビットコイン

といった方法があります。

 

銀行への出金以外は、
出金申請をすると、
その日の内か次の日には
XM側で出金処理をしてくれます。

特にビットウォレットや、
ビットコインでの出金だと、
XM側で出金処理されたら
すぐに反映することもあるので
かなり便利です。

 

また、手数料に関しても、
XM側で手数料を取ることはありません

だから、余計な経費も掛からないので、
この点もXMがおすすめな部分です。

 

XMの出金について、
更に詳しく知りたい場合はこちら。
XMの出金方法は何がベスト?

 

1つの口座でFX以外の取引もできる

XMでFX口座を開くと、
FXだけでなく
ダウやゴールドなど、
商品や指数も取引ができます。

 

その数は数十種類もあるので、
FXでの通貨ペアに動きがない場合は、

・ダウ
・ゴールド
・原油

といったボラティリティの高い
指数や商品を取引すると、
より収益のチャンスが増えます。

 

もちろん、その逆もありえるので、
過度なトレードは禁物ですけどね。

 

多様な口座タイプも便利

XMでは、

・マイクロ口座
・スタンダード口座
・Zero口座

といったように、
3つの口座タイプが存在します。

 

マイクロ・スタンダード口座

マイクロとスタンダード口座は、

・レバレッジ888倍
・ボーナスあり
・スプレッド少し広め

といった特徴があります。

 

そして、
この2つの口座タイプの違いは、
ロット数になります。

・マイクロ:1ロットが1,000通貨
・スタンダード:1ロットが10万通貨

となっています。

 

また、マイクロ口座の場合、
1回にエントリーできる最大ロット数が
10万通貨までとなっているので、
資金が増えて10万通貨超えるロット数で
トレードができるようになると
運用するのが結構面倒くさくなってきます。

だから、FXの超初心者でない限り、
スタンダード口座の方がおすすめです。

 

Zero口座

Zero口座の場合は、

・レバレッジ500倍
・ボーナスなし
・低スプレッド(手数料あり)

といった特徴があります。

 

その為、短期売買をする場合や、
FXの中上級者が使う場合には
おすすめの口座タイプです。

特にZero口座の場合、
指標時のスプレッドや、
月曜朝一のスプレッドが狭いので、
この辺りのトレードをする場合は
けっこう便利です。

これらの口座タイプについて、
もう少し詳しく知りたい場合は
以下の記事も参考にしてみてください。
XMの口座タイプは何がある?あなたに合ったFX口座を教えます

 

口座開設に掛かる時間は?

XMでFX口座を開設する場合、
口座開設自体に掛かる時間は
ほんの3分程度です。

 

口座開設画面に移動すると、
必要事項を入力していきます。

例えばこんな感じで↓↓

 

必要事項を入力といっても、
基本的には選択肢があって、
それらをポチポチ選んでいくだけなので、
全然時間が掛からないんです。

 

ただ、口座開設が終わったとしても、

・身分証明書
・住所確認書

といった2点をXM側へ提出しないと、
口座は有効化されません。

 

一応、口座が有効されていなくても、
トレード自体はできるのですが、

・入金は20万円まで
・ボーナスが付かない
・出金ができない

といった制限があるので、
口座開設時に一緒に提出した方がいいです。

 

それに、身分証明書や住所確認書は
スマホのカメラで撮ったものでも
鮮明であればOKなので、
そこまで時間も掛からないですしね。

ただ、必要書類に関しては、
決まりがちゃんとあるので、
それに沿ったものを提出しないと
有効化に時間が掛かることになります。

 

 

口座開設に必要な書類について
詳しく知りたい場合はこちら。
XMでFX口座開設時の必要書類は?これで確実に口座開設完了!

 

取引手数料や口座維持手数料は掛かる?

海外のFX口座の中には、
いくつか手数料が掛かる場合もあります。

実はXMの場合も、
手数料が掛かる場合があって、
それがZero口座を利用した時になります。

 

Zero口座とは、
口座タイプの項目でもお伝えしましたが、
最小スプレッドがゼロになる口座です。

 

その為、短期売買に向いているのですが、
取引手数料が約1pip分かかります。

それでも、
マイクロやスタンダード口座と比べれば
スプレッドは狭いので、
使う価値は十分あります。

 

口座維持手数料は?

口座維持手数料に関しては、

・マイクロ口座
・スタンダード口座
・Zero口座

この3つの口座タイプ全てで無料です。

 

ただし、トレードや入金などをしてから、
何もせずに90日間経つと、
休眠口座と見なされて、

・すべてのボーナスが消滅
・毎月5ドルの維持手数料

といったことが発生します。

 

また、口座残高がゼロの状態で
90日間放置したままにしておくと、
今度は口座が凍結されて使えなくなります。

 

口座が凍結された場合は、
再度新しい口座を開く必要があるので、
けっこう面倒くさいです。

XMで必要な手数料について、
更に詳しく知りたい場合はこちら。
XMでFX取引をする際の手数料は?どこよりも詳しく解説!

 

使うプラットフォームはMeta Trader

XMでFXのトレードをする場合、
プラットフォームは、

・Meta Trader4(MT4)
・Meta Trader5(MT5)

この2つの内のどちらかです。

 

ただ、今現在では、
MT4が圧倒的に主流なので、
XMでトレードをする場合も、
MT4を使うので良いでしょう。

まぁ、特に大差はないので、
別にどっちでもいいんですけどね。

 

前はXMでもMT5だと、
仮想通貨のトレードができたのですが、
上手く動かなかったのか
今はできなくなってしまいました。

だから、MT5を使う理由が
特にないんですよね。

 

スマホにも対応

基本的にMT4は
パソコンで使うのがメインですが、
XMの場合はスマホにも対応しています。

 

だから、パソコンがなくても、
トレード自体はできるのですが、

・チャート画面が小さい
・注文方法が面倒くさい

といった感じなので、
スマホをメインにして
FXをやらない方がいいです。

 

一応、スマホでトレードをする際の
使い勝手についてチェックしてみたので、
興味がある場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。
スマホでXMのMT4を使ってFXのトレードはしやすい?

 

個人的には感じるのは、
スマホを使うなら、
“外出先でチャートをざっくり確認する”
といったような感じで、
パソコンで見れない時に使うと便利です。

あとは保有ポジションを
ちょこちょこ確認する時とかですね。

 

 

月曜日は何時からトレードができる?

FXの場合、月曜朝一というのは、
窓が開くことがあるので、
実はトレードチャンスだったりします。

 

ただ、月曜朝一の開始時間は
FX業者によって、

・6時開始の業者
・7時開始の業者

といったように違います。

 

XMの場合、
月曜朝一の開始時間は、

夏時間:6時5分から
冬時間:7時5分から

となっています。

 

だから、月曜朝一の
窓トレードをする場合は、
かなり有利になります。

 

因みに、XMではFX以外にも、
商品や先物指数などが
トレードできます。

でも、これらの月曜開始時間は、
かなりまちまちなので、
朝からトレードできるわけではありません。

 

因みに、時間についても、
記事を書いてみたので、
興味があれば読んでみてください。
XMの月曜日開始時間は何時から?これを知るだけでもチャンスが!

XMの夏時間と冬時間の開始時間は?FXのトレードに影響はある?

 

XMを使った人達の口コミは?

ここではXMを実際に使った人達の
口コミについて紹介していきます。

 

悪い口コミ

スプレッドが広くて使いづらい。

特にスキャルピングになると、
XMだとかなりキツイ。


 

出金依頼をしたのに、
返事が3日経っても来なかった。

出金拒否されたのかと思って、
問い合わせたら無事出金された。

この辺りの連絡体系が少し悪いのか?


 

XMのボーナスって、
出金ができないのがちょっと・・・

ボーナスが出金できたら、
海外のFX業者では神なんだけどなぁ


 

上記の口コミが、XMを使って、
不満がある点についての
内容になります。

 

これらの口コミ内容をまとめると、

・スプレッドが広い
・出金に時間が掛かる事がある
・ボーナスが出金できない

といった事に対して、
XMに不満を抱いている人が多いようです。

 

ただ、これらの不満な点は
海外のFX業者を使うのであれば、
よくあることですし、
トレードに大きな影響は出ないので、
そこまで気にする問題ではないと思います。

 

良い口コミ

レバレッジが888倍もあるので、
小額の資金から、
海外のFX業者を試せるのはいい。

しかも、ボーナスも100%なので、
上手く行けば、数万からでも、
数十万に増やせそう。


 

XMは口座を開設するだけで、
3,000円の資金を貰えるのはマジでいい。

これだと資金ゼロからでも、
稼げるようになっちゃうかも。


 

海外のFX業者にしては、
約定力がかなり良い!

しかも、
サポートも日本語対応しているので、
すぐに対応してもらえるのも、
そうとうありがたい。


 

上記の口コミが、XMに対する、
良い口コミの一部になります。

 

良い口コミ内容をまとめると、

・レバレッジが888倍
・資金ゼロからトレードができる
・約定力が良い
・日本語のサポートがある

といった点が、
XMでは高評価のようです。

 

確かに、私も実際に
XMを使って感じているのですが、
レバレッジが888倍もあると、
小額の資金からトレードができるので、
リスクヘッジにもなってかなり良いです。

更に、これに加えて、
XMの場合、他の海外のFX業者に比べて、
約定力が相当高いです。

 

別の海外のFX業者の場合、
注文ボタンを押しても、
1秒ぐらいラグが出てから
約定する事が多いので、
かなりストレスなんです。

でも、XMの場合は、
注文ボタンを押せば
すぐに約定してくれるので、
その辺りのストレスも少ないです。

 

XMで利益を出した時の納税種類は?

XMを使って利益を出した場合、
20万を超えると納税義務が発生します

そして、その納税種類は、
雑所得に区分けされるので、
国内のFX業者での納税区分とは
別の区分になるので注意しましょう。

 

因みに、雑所得の場合、
利益が出た額によって
納税額が変わってきます。

利益額税率
195万以下5%
196~330万以下10%
331~695万以下20%
696~900万以下23%
901~1,800万以下33%
1,801~4,000万以下40%
4,001~45%

 

となっています。

更にこれに加えて、
住民税が+10%されるので、
合計で15~55%も取られます。

 

命をかけて必死で稼いだのに
55%も税金で持っていかれるなんて
恐ろしすぎますよね。

国内のFX業者だと
税率は一律20%なので、
この差は大き過ぎますよね。

 

ただ、年間利益が330万までなら、
国内のFX業者と同じ税率なので、
330万を超えそうであれば、
国内のFX業者へ移行するのもありです。

因みに、国内のFX業者の場合、
前年の損失を繰り越して、
今年の利益と相殺できるのですが、
雑所得の場合はこれができません。

 

経費も計上して節税しよう

XMのような海外のFX業者で
利益を出すと税率が高くなります。

そこで、確定申告をする際は、
節税をする為に
しっかり経費も計上しましょう。

 

因みに、経費に計上できるものは、

・FXの書籍
・FX商材
・パソコン
・パソコンの周辺機器
・PC机や椅子
・取引手数料
・FXのコンサル費用
・インターネット代

といったように、
FXに関係するものであれば、
ほとんど経費に計上できます。

 

だから、確定申告をする際は、
必ずこのような経費も計上して、
しっかり節税していきましょう。

 

 

XMはNDDを採用

FXではDD(ディーリングデスク)と、
NDD(ノンディーリングデスク)
という方式があります。

 

国内のFX業者では
DD方式がメインですが、
この方式は、トレーダーの注文を
FX業者自体が約定させる仕組みです。

通常、トレーダーの注文は、
インターバンクという市場へ
直接流すのがセオリーです。

 

ただ、国内のFX業者の場合、
直接インターバンクへ注文を流さずに、
自分のところで
トレーダーの注文を約定させます。

そして、トレーダーとは逆の注文を
インターバンクへ発注するのです。

 

じゃあ、なんでこんな事をするのか?

それはFX業者が儲ける為です。

 

例えば、あなたが
10万通貨の買い注文を出した場合、
FX業者がインターバンクへ流すのは、
売り注文になります。

 

そして、あなたが損切をすると、
買戻しの決済をするので、
FX業者へ反対の売り注文が出ます。

そうなると、FX業者側も
トレーダーと同じ注文量を
インターバンクへ流す必要があるので、
反対の買い注文を出すことになります。

 

これによって、
あなたが損切をすることで、
FX業者は利食いをすることになります。

 

これがDD方式になります。

FXの市場では、
「相場参加者の90%が負けている」
と言われていますよね。

だから、DD方式というのは、
FX業者にとっては美味しいのです。

 

逆に、トレーダーの利益は
FX業者の損失になるので、
「稼ぎすぎると口座を凍結される」
といったことが起きやすくなります。

また、国内のFX業者は、
DD方式で利益を出しているので、
スプレッドを凄く狭くできるのです。

 

一方でNDD方式の場合、
FX業者が単純に
トレーダーが出した注文を
そのままインターバンクへ流す方式です。

 

その為、トレーダーが損をしようが、
利益を出そうが、
FX業者には全く関係ないので、
変に約定拒否をされたりすることがなく、
透明性が高い注文方式なのです。

ただ、その分、国内のFX業者のように
儲けることができないので、
スプレッドを少し広くして、
そこで利益を出しているのです。

 

XMではNDD方式を採用しているので、
透明性が高いトレードができます

また、XMにはZero口座という、
スプレッドがゼロになる
口座タイプがありますよね。

 

この口座を使うと
取引手数料が取られるのですが、
この理由もNDD方式だからなのです。

つまり、XM側は、
スプレッドで利益を出しているので、
それがゼロになってしまうと、
利益が出ないために
取引手数料を取っているわけです。

 

XMの実際に使い心地について
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
XMでのFXトレードってやりやすい?実際に使って評価してみた!

 

XMの営業時間は?

国内のFX業者だと、
取引自体は平日は24時間できますが、
サポートの営業時間となると、
“9~17時まで”といったように
ガチガチの営業時間が多いです。

 

ただ、XMの場合、
海外のFX業者なので、
日本との時差も関係していることもあり、
平日のサポート営業時間も24時間です。

だから、夜中に問い合わせをしても、
すぐに返事がきます。

 

しかし、日本語サポートとなると、
実はそうでもありません。

日本語チャットであれば、
朝9時~21時までだし、
メールの場合でも、
返事が来るのは
大体夜21時ぐらいまでだったと思います。

 

まぁ、これでも
国内のFX業者に比べれば、
全然良いですよね。

 

クリスマスや年末の営業時間は?

FXの市場は、
クリスマスや年末になると、
全世界で休場になります

 

特にクリスマスになると、

12月24日:日本時間の16時で終了
12月25日:1日中休み

といった感じになるので、
ちょっと変則的ですよね。

 

ただ、クリスマスや
年末の営業時間については、
その時期が近づいてくると
必ずXMからメールがきます

だから、それさえ見逃さなければ、
特に問題ないでしょう。

 

因みに、クリスマスや年末は、
流動性が一気に下がって
変な動きをしやすいので、
トレードはしない方がいいです。

スプレッドも広がってますしね。

 

XMでの取引履歴はどこで確認できる?

XMの場合、プラットフォームは
MT4・5を使うので、
取引履歴を確認するには、
まずターミナルを表示させます。

 

そうすると、画面の下側に、
ターミナルが表示されるので、
“口座履歴”という場所をクリックすると、
今までの取引履歴が出てきます。

 

因みに、取引履歴の場所で、
右クリックをすると、

・レポートの保存
・詳細レポートの保存

といった項目が出てきます。

ここでレポートを保存すると、
HTML形式で
取引履歴を保存できます。

そして、保存をすると、
以下のように
詳細な取引履歴を確認できます。

 

レポートの保存をした場合

 

詳細レポートの保存をした場合

 

詳細レポートを保存した場合は、

・損益のグラフ
・トータル利益
・プロフィットファクター
・最大ドローダウン
・連勝・連敗
・売り買い別損益

といったように、
詳細な取引履歴を確認できるので、
かなり便利です。

 

XMでは口座開設をするのに年齢制限はある?

年齢制限はあります

XMの場合、日本在住に限っては、
18歳から口座開設ができます。

18歳未満はXMでトレードができません。

 

因みに、居住国の成人年齢によって、
口座開設できる年齢が違うみたいです。

 

必要証拠金はどれくらい必要?

これはレバレッジの項目でも
チラッとお伝えしましたが、
XMの場合、
レバレッジが888倍もあります。

 

ということは、
仮にドル円が113円だとしたら、
1万通貨で取引する際の
必要証拠金の計算式は、

113 x 1万通貨 ÷ レバレッジ888倍

となります。

 

その為、1万通貨を取引するのに、
必要な証拠金はたったの1,272円です。

つまり、3,000円あれば、
それなりのトレードができますね。

 

ただし、Zero口座の場合は、
レバレッジが500倍なので、
1万通貨を取引するのに
必要な証拠金は2,260円となります。

だから、Zero口座の場合は、
5,000円ぐらいあれば、
それなりのトレードができます。

 

 

XMではバイナリーオプションはできる?

XMではFXの通貨ペア以外にも、

・ゴールド
・ダウ
・原油

といった、多くの商品や
指数を取引できますが、
バイナリーオプションは
取り扱いがありません

 

XMのQ&A↓↓

 

バイナリーオプションの場合、
ちょっと特殊なので、
プラットフォームもMT4では無理です。

このようなことも含めて、
バイナリーは取り扱っていないのでしょう。

 

仮想通貨は取引できる?

仮想通貨も残念ながら
バイナリーと同じく取引できません

 

前はMT5で一時的に取引できたのですが、
今はシステムに不備があったのか、
2018年10月現在では、
取引ができないようになっています。

 

でも、口座開設をする時に、
MT4かMT5かを選択するのですが、
MT5の方を見ると、
“仮想通貨”って書いてあるんですよね。

だから、その内、仮想通貨も
取引できるようになるとは思います。

そしたらXMの使い勝手が
ますます良くなりますね。

 

証拠金維持率がどのくらいでロスカット?

保有ポジションの含み損が大きくなって、
証拠金維持率がある維持率以下になると、
強制ロスカットが発動します。

国内のFX業者だと、
ほとんどが証拠金維持率が
100%を切ったらロスカットになります。

 

しかし、XMの場合だと、
証拠金維持率が
20%を切ったらロスカットになります。

これだと、ギリギリまで
損失に耐えることができますが、
実際にロスカットになった時は
ほとんどの資金を失います。

 

因みにXMを含めた、
海外のFX業者の場合、
複数ポジションを持った状態で
ロスカットになると、
1ポジションずつロスカットされていきます。

 

例えば、0.1ロットのポジションを
5つ持っていたとしたら、
証拠金維持率が20%を切った時点で、
一番大きい含み損のポジションが
ロスカットされていきます。

 

そうすると、
証拠金維持率が回復するのですが、
その後さらに維持率が20%を切ると、
また一番大きい含み損のポジションが
ロスカットされていきます。

だから、もし相場が大きく反転すれば、
残りのポジションは切られずに済み、
損失を取り戻せる可能性もあります。

 

でも、1つずつロスカットされる分、
全ポジションがロスカットになったら、
根こそぎ資金を持っていかれるので、
損切りは徹底すべきです。

 

スピード注文はできる?

MT4の場合、国内のFX業者に比べると、
注文機能で融通が利かないことがあります。

国内のFX業者だと、
GMOの発注くんなど、
スピード注文ができるのですが、
MT4では残念ながらできません。

 

しかし、MT4には、
インジケーターやEAがあり、
実はスピード注文用のEAがあります。

 

それは”MT4スピード注文”
というEAです。

 

これはワンクリックをするだけで、
発注くんと同じように
スピード注文ができます。

加えて、エントリーと同時に
損切りと利食いも設定できるので、
かなり便利なツールです。

 

更に、複数ポジションを持った際も、
平均取得レートや
含み損益を合わせて計算してくれるので、
使い勝手は非常に良いです。

しかも、なんとこのツール、
無料で使うことができるんです。
(使用期限がありますが)

 

だから、スピード注文を
XMのMT4でも使いたい場合は、
このツールがオススメです。

もし使ってみたい場合は、

“MT4スピード注文”

で検索するとすぐに出てきます。

 

注文方法はどんな方法がある?

XMではMT4を使うので、
スピード注文は
EAを利用すれば使うことができます。

 

それ以外のその他の注文方法としては、

・ワンクリック注文
・逆指値注文
・指値注文
・トレール注文

といった方法が利用できます。

 

いわゆる、国内のFX業者でいうところの、

 

・OCO注文
・IFDone注文
・IFDone-OCO注文

といった注文方法と同じです。

 

だから、注文方法に関しては、
スピード注文以外は、
国内のFX業者と同じように使えます。

注文方法について、
もう少し詳しく知りたい場合はコチラ

 

レバレッジに制限が掛かることがある?

XMではレバレッジ888倍が醍醐味ですが、
実はレバレッジに制限が掛かる場合があります。

 

それは、

・○○ショックなどの通貨危機
・口座残高

この2つが制限の対象になります。

 

○○ショックなどの通貨危機

スイスフランショックやトルコショックなど、
〇〇ショックという通貨危機が、
ちょこちょこ起こりますよね。

そんな時に、顧客の資金を守るために、
レバレッジに制限が掛かる事があります。

 

ただ、基本的には
全通貨に制限が掛かるというよりも、
〇〇ショックによって対象になった
通貨のみにレバレッジ制限が掛かります

例えば、スイスフランショックであれば、
スイス系の通貨に制限が掛けられて、
トルコショックであれば、
トルコ系の通貨に対して
レバレッジ制限が掛けられます。

 

また、このようなレバレッジ制限の場合、
XMからメールがほぼ必ず届きます。

 

口座残高

XMでは口座残高によっても、
レバレッジ制限が掛かります。

 

XMの場合、口座残高が、

・5~2万ドル:レバレッジ888倍まで
・2万~10万ドル:レバレッジ200倍まで
・10万以降:レバレッジ100まで

となっています。

 

まぁ、この制限が掛かったとしても、
国内のFX業者よりは
全然レバレッジが高いので
特に問題ないと思います。

それに資金が200万から1,000万もあれば、
レバレッジ888倍も使わないですからね。

 

因みに、
口座残高のレバレッジ制限は、
1つの口座に対してではなく、
全ての口座の金額を合わせます

だから、例えば、
3つの口座を持っていて、
各口座に70万ずつ資金が入っていたら
その時点でレバレッジが
200倍へ制限されます。

 

XMの取引単位はどうなっている?

XMの場合、

・マイクロ
・スタンダード
・Zero

という3つの口座タイプがあります。

そして、各口座では、
取引単位が少し違います

 

例えば、マイクロの場合は、
1ロット=1,000通貨

スタンダードとZeroの場合は、
1ロット=10万通貨

となっているので、
使う口座によって、
取引単位を調整する必要があります。

ロットについての更なる詳細はコチラ

 

しかも、マイクロの場合、
1回のエントリーで可能な
最大エントリーロットが
100ロットまでなので、
10万通貨までしかできません。

その為、
20万通貨でトレードをする場合は、
2回に分けて
エントリーする必要があるので、
かなり面倒くさいです。

 

だから、個人的には、
スタンダード口座の方が良いです。

 

複数口座を持つことはできる?

XMでは1つ口座アカウントを作ると、
その1つのアカウントで、
最大8個の口座を持つことができます。

 

だから、複数口座を持つことで、

・スタンダード口座:デイトレード用
・Zero口座:短期売買用

といったように、
トレードスタイル別に分ける事ができます。

 

ただし、複数口座を持てるからといって、
必要以上に口座を開設したとしても、
管理が面倒くさかったり、
資金が分散され過ぎることもあるので、
2つか3つが良いところだと思います。

 

 

XMは信託保全をしている?

国内のFX業者では、
顧客の資金を別に管理する、
信託保全を採用しています。

これによって、
万が一FX業者や、
信託保全先が潰れたとしても、
顧客の資金は保証されます。

 

しかし、XMの場合は、
信託保全ではなく、
分別保管となっています。

分別保管の場合、
別の銀行に顧客の資金が保管されていて、
基本的には信託保全と同じ形です。

 

ただ、法律上はXMの資産になるので、
万が一XMが破産申請を出したり、
資金を預けている銀行が倒産したら、
その資金は差し押さえられる可能性があります。

それでもXMの場合は、
この時のようなことも想定して、
アメリカでも優良企業とされている、
AIGの保険に加入しています。

 

その為、基本的には、
XMで万が一のことがあっても、
資金は戻ってくると思います。

でも、会社が倒産した場合、
手続きや負債を解消するために
物凄い時間が掛かるので、
いつ戻ってくるかはわかりません。

 

だから、
信託保全や分別保管に関係なく、
必要以上に資金を入れるのは
止めておきましょう。

 

それにXMでは、

・レバレッジ888倍
・入金ボーナス

といった利点があるので、
そこまで資金を入れなくても
十分トレードができますからね。

 

複利で運用するとヤバいことに!

XMの場合、

・レバレッジ888倍
・入金ボーナス

といった特徴があるので、
たった5万円からでも、
複利で運用すると凄いことになります。

 

例えば、5万円の資金を使って、

・トレードスタイル:デイトレード
・勝率:60%
・利食い幅:+30pips
・損切幅:-15pips
・1日のトレード回数:2回

といった現実的な手法で、
複利運用した際の資金を
計算してみました。

 

そしたらなんと、
半年間で1,000万超えでした(笑)

 

現実的な手法を使ったのに、
複利を使っただけで
非現実的な収益になってしまいました。

それだけ”複利の力は凄い”
ということになりますね。

複利運用した際の計算結果について
更に詳しく知りたい場合はこちら。
海外FXのXMを使って5万円を半年で増やせる金額を計算してみた!

 

XMは日本のレバレッジ規制は適用される?

日本国内のFX業者では、
レバレッジを10倍へ
規制しようとする動きが出ています。

本来は2018年にレバレッジが10倍へ
規制される予定でしたが、
2018年10月現在では、
なんとか25倍のままです。

 

では、今後、10倍に規制されたら、
XMを使う際も、
レバレッジ規制されてしまうのでしょうか?

 

結論から言うと、
日本のレバレッジ規制は
XMには適用されません

 

なぜなら、レバレッジ規制は
日本国内に所在地があって、
日本の金融庁に認可された
FX業者だけが対象だからです。

XMの場合は、
セーシェルという東アフリカにある国の
金融庁に認可されたFX業者なので、
日本のレバレッジ規制は適用されません。

 

その為、セーシェル共和国で
レバレッジ規制が行われたり、
XM側で何か問題が出ない限り、
XMのレバレッジは888倍のままでしょう。

 

XMではどんな手法を使うのが良い?

XMの場合、国内のFX業者と比べると、
スプレッドが少し広めです。

その為、ベストな手法としては、
15分足以上の
デイトレードがオススメです

 

なぜなら、
スキャルピング手法の場合、
数pips取るようなトレードを
何度も繰り返して、
小さい利益を積み上げます。

その為、スプレッドが広いと、
その分利益が削られるので、
トータルの損益が悪くなります。

 

一応、Zero口座であれば、
取引手数料が掛かるとはいえ、
スプレッドは狭いので、
短期売買の手法を
使えないことはありません。

 

それでも、国内のFX業者と比べると、
スキャルピング手法は不利なので、
時間軸を少し長めにした
デイトレード手法がオススメです。

 

因みに、もしデイトレード手法について、
どんな手法が良いかわからない場合は、
私のメインブログで紹介しているので、
以下の記事を参考にしてみてください。
FXでデイトレをするなら15分足の手法が一番簡単!

 

資金はいくらから始めるのが良い?

XMの場合、

・レバレッジ888倍
・入金ボーナス

この2つの利点があることから、
資金は5~10万あればOKだと思います。

多くても
20万あればいいと思います。

 

なぜなら、入金ボーナスを使えば、
資金が2倍近くになるし、
レバレッジが888倍もあれば、
仮に10万通貨トレードをするにしても、
必要な証拠金は1万5千円程度です。

このことを考えれば、
多くても20万の資金があれば、
十分トレードはできるでしょう。

海外のFX業者は、
多い資金を必要としないのが
大きな利点ですよね。

 

それに、口座開設ボーナスもあるので、
XMでトレードをするなら、
とにかく小資金からでOKなので
無理なくトレードできるのが便利です。

 

 

XMでは自動売買もできる

XMでトレードに使う
プラットフォームは、
Meta Traderですよね。

 

Meta Traderの場合、
EAという自動売買をする
機能が付いています。

だから、勝てるEAを作ったり、
見つけたりすることができれば、
そのEAを設定して放置するだけで
自動で資金を増やす事も可能です。

 

自動売買の設定方法も簡単で、
自分で使うEAを作るなり、
見つけるなりしたら
それをMeta Traderへ入れます。

 

そして、自動売買の箇所をONにして
EAをチャートにドラッグ&ドロップすると、
ニコちゃんマークが出てくるので、
これで設定完了です。

 

こんな感じで簡単に設定できるので、
Meta Traderで使う自動売買は
けっこう便利です。

しかも、無料のEAが
ネット上にいくらでも落ちているので、
実際に探してみるといいと思います。

 

XMは両建てが出来る?

XMでは両建ての取引はできます

 

ただ、両建てをすると、
買いと売りで
スプレッドが必要になるので、
よっぽど上手くトレードできない限り、
両建てはしない方がいいです。

 

しかも、損切りできないのを
両建てして回避しようとする人がいますが、
FXでは損切ができないと、
安定した結果は残せないと
私は考えています。

だから、私からすれば、
両建ては特に使う必要はないと思っています。

 

まとめ

今回は、XMについて、
徹底的に詳しく評価してみました。

 

基本的に、海外のFX口座を開くなら、
どこも同じような感じなのですが、
XMの場合主な特徴として、

・レバレッジが888倍
・ゼロカットがある
・日本語対応
・資金ゼロで始められる
・ボーナスが充実している

といったメリットがあるので、
個人的には一番おすすめです。

 

実際に私自身も、
今ではXMの口座をメインに
トレードをしていますから。

 

だからもし、海外のFX口座を
開こうとしているなら、
やっぱりXMがおすすめですね。

 

XMの口座開設はコチラ
(*3,000円の資金付き)

XMのスプレッドゼロの
Zero口座の開設はコチラ
(*3,000円の資金はなし)