海外のFX業者に、
XMというFX業者があります。

 

このFX業者は、

 

・レバレッジが888倍
・追証ナシ
・100%入金ボーナス

といったメリットがあるので、
海外のFX業者の中でも、
特に人気があります。

 

私自身も、海外のFX業者を使う際は、
このXMをメインに使っています。

 

ただし、このXMですが、
スプレッドに関してはどうなのか、
少し疑問に思いますよね。

そこで今回は、
XMの実際のスプレッドを
暴露していきます。

 

目次内の項目を押すと、
希望の項目へ移動します。

XMのスプレッドは広い?狭い?

では早速、
XMのスプレッドについて、
お伝えしてきます。

 

因みに、XMには、

・スタンダード口座
・ZERO口座

といった2種類があるので、
それぞれの口座での
スプレッドをお伝えしていきます。

 

スタンダード口座のスプレッドは?

まずはスタンダード口座のスプレッドから
紹介していきます。

XMで口座開設をする場合は、
大体がスタンダード口座になると思います。

 

では早速、以下にXMの
実際のスプレッドの画像を載せるので、
確認してみてください。

 

今回は、通貨ペアに関しては、
メジャーな通貨のみです。

マイナーな通貨も入れると、
数が多すぎてしまうので。

 

上記を見ればわかるように、

・ドル円:1.7
・ユーロドル:1.6
・ユーロ円:2.6
・ポンドドル:2.5
・ポンド円:3.8
・オージードル:2.1
・オージー円:3.0
・ニュージードル:3.4
・ニュージー円:5.1
・ドルカナ:2.2
・カナダ円:3.6
・ドルスイ:2.5

といった感じですね。

 

国内のFX業者に比べると、
スプレッドは広めですが、
海外のFX業者だと、
平均的なスプレッドです。

大体、どの海外のFX業者も、
XMと似たような感じなので、
どこも大差ないと考えて良いです。

 

因みに、このスプレッドは、
もちろん、
リアル口座のスプレッドですからね。

 

スタンダード口座の開設をする場合はこちら
ボーナス付きでリアル取引口座を開設する

 

ZERO口座のスプレッドは?

XMには、スタンダード口座以外に、
ZERO口座という口座タイプがあります。

これはその名の通り、
スプレッドが限りなくゼロになる口座です。

 

では早速、ZERO口座のスプレッドを、
以下に載せるので確認してみてください。

 

ここでもスタンダード口座と同じように、
メジャーな通貨のスプレッドになりますが、

・ドル円:0.1
・ユーロドル:0.1
・ユーロ円:0.7
・ポンドドル:0.8
・ポンド円:1.3
・オージードル:0.3
・オージー円:0.6
・ニュージードル:0.9
・ニュージー円:1.4
・ドルカナ:0.8
・カナダ円:1.0
・ドルスイ:0.5

といったスプレッドになっています。

 

さすがZERO口座というだけあって、
スプレッドがめちゃくちゃ狭いですよね。

 

ポンド円ですら、1.3ですからね。

これなら国内のFX業者と同じか、
それ以上に狭いですよね。

さすがXMといったところです。

 

因みに、上記の画像は、
東京時間でのスプレッドなので、
これが欧米時間になると、
本当にスプレッドがゼロになる事が多いです。

 

Zero口座には手数料が掛かる?

実はZERO口座ですが、
スプレッドがゼロに近いのですが、
トレード金額10万ドルに対して、
片道5ドルの手数料が掛かります。

 

つまり、pipsに換算すると、
片道約0.5pips分になるので、
往復で約1pips分の手数料が掛かります。

だから、実質は、
上記で紹介したスプレッドに
約+1pips加えたのが、
実質のスプレッドになります。

*スタンダード口座は手数料ナシです。

 

それでも、実質のスプレッドは、

・ドル円:1.1
・ユーロドル:1.1
・ユーロ円:1.7
・ポンドドル:1.8
・ポンド円:2.3
・オージードル:1.3
・オージー円:1.6
・ニュージードル:1.9
・ニュージー円:2.4
・ドルカナ:1.8
・カナダ円:2.0
・ドルスイ:1.5

といった数値になるので、
スタンダード口座に比べると、
スプレッドは低いですよね。

 

XMのZero口座の開設はこちら。
Zeroスプレッド口座を開設する

 

指標時のスプレッドはどれくらい広がる?

上記では通常時のスプレッドに関して
お伝えしましたが、これに加えて、
指標時のスプレッドも気になりますよね。

 

これは私の経験上、
雇用統計など大きく動く指標の場合、
大体指標発表30秒前ぐらいから
通常時のスプレッドに比べて、
+2~5pipsぐらい増えます。

 

例えば、ドル円を取り上げると、

・スタンダード口座:約4~7pips
・Zero口座:約2~5pips

といった感じに広がるので、
この広がり具合は、
国内のFX業者と変わらないです。

 

国内のFX業者の場合、
雇用統計時のスプレッドが、
15とか20pipsになることもあるので、
このことを考えると、
“XMの方が狭い”
といって良いかもしれません。

 

そして、指標発表後は、
大体1~3分程度で、
通常のスプレッドへ戻ります

 

以前Zero口座で
雇用統計のトレードをした時に、
動画を取ったので、
それを以下に載せますね。

 

 

因みに、スタンダード口座に関しては、
動画をまだ撮っていないので、
撮る時間があれば撮っておきます。

ただ、基本的には、
スプレッドの数値が違うだけで、
広がり方や治まる時間は、
“Zero口座と同じ”と考えてよいです。

 

まぁ、指標発表前後は、
値動きが激しくなるので、
基本はトレードをしない方がいいです。

その為、指標発表時のスプレッドは、
そこまでトレードに関係しないはずです。

 

月曜朝一のスプレッドは?

指標発表に加えて、
FXでスプレッドが広がる場面と言えば、
月曜朝一になります。

 

しかも、月曜朝一というのは、
週末に要人発言やニュースがあると、
大きく窓が開くので、
トレードチャンスがあります。

以下の画像のように、
黄色マルエントリーで、
水色マルで利食いみたいな感じです。

ただ、月曜朝一というのは、
流動性が低い為、
世界中のどのFX業者でも
スプレッドが大きく広がります。

 

XMも同様に、月曜朝一になると、
スタンダード口座、Zero口座両方で、
スプレッドが結構広がります。

 

大体平均としては、
ドル円を例に出すと、

・スタンダード口座:2~7pips
・Zero口座:2~7pips

ぐらいまで広がります。

 

特に、ポンド円やユーロ円など、
クロス通貨になると、
更にスプレッドの広がりが大きくなります。
(10pipsを超える場合もあります)

 

だから、窓トレードをするなら、
ドル円、ユーロドル、ポンドドルといった、
ストレート通貨がオススメです。

 

ただ、スプレッドは広がるのですが、
“ずーっと広がりっぱなし”
というのではなく、
ちょこちょこ2pipsに縮まったり、
7pipsに広がったりします。

 

その為、スプレッドが
縮まった時を見計らえば、
エントリーチャンスは普通にあります

 

しかも、窓が開くと、
高確率で埋める方向へ動くので、
少しレバレッジを上げて
トレードすることができます。

 

XMの場合、レバレッジが888倍もあるので、
窓トレードは意外にボーナスチャンスです。

 

因みに、月曜朝一のスプレッドは、
夏時間よりも冬時間の方が狭い傾向があります。

これはFX業者の開始する時間が7時に揃うので、
流動性が増すからだと考えられています。

 

逆に夏時間はFX業者によって、
6時開始の場所と7時開始の場所があるので、
流動性が圧倒的に低いです。

XMに関しては夏時間は6時開始ですが、
実際にエントリーできるのは、
6時5分からになります。

それでも、7時開始のFX業者よりは
トレードチャンスがありますよね。

 

他の業者とのスプレッドを比較

XMのスプレッドは、
国内のFX業者と比べると広いですよね。

 

では、別の海外FX業者のスプレッドと
比べるとどうなのでしょうか?

 

同じ系列の海外FX業者に、

・タイタンFX
・LAND-FX

という業者があるので、
この2つとスプレッドを
比較してみたところ、
以下のようになりました。

 

スタンダード口座の平均スプレッド

XMタイタンFXLAND-FX
ドル円1.72.01.4
ユーロドル1.61.41.5
ユーロ円2.63.12.8
ポンドドル2.52.22.4
ポンド円3.84.23.7
オージードル2.12.42.3
オージー円3.03.32.9
ニュージードル3.43.23.0
ニュージー円5.14.43.4
ドルカナ2.22.42.8
カナダ円3.63.53.3

 

上記のような感じなので、
スプレッドに大きな差はないですよね。

 

因みにレバレッジに関しては、

・XM:888倍
・タイタンFX:500倍
・LAND-FX:500倍

となっているので、
XMが一番高いレバレッジですね。

 

こうなると、
スプレッドは変わらないけど、
レバレッジに関しては、
XMの方が高いので、
トータルで見ると、
XMが良さそうですね。

 

XMの口座開設はこちら。

スタンダード口座
Zero口座

 

約定スピードはどうなの?

トレードをする上で、
スプレッドの次に重要なのが、
約定スピードですよね。

いくらスプレッドが狭くても、
約定スピードが遅いと、
ストレスだらけになって、
トレードに悪影響が出ますしね。

 

ただ、XMに関して言えば、
約定スピードは特に問題ありません

上記で、雇用統計時の
トレード動画を載せましたが、
その際の約定スピードを見ても、
特に問題ないのがわかると思います。

 

上記の画像ではZero口座ですが、
スタンダード口座も
体感的には同じスピードです。

もしかしたら、
スタンダード口座の方が、
約定力がいいかもしれません。

 

その為、XMでトレードをする場合、
約定スピードに関しては、
特に問題ありません。

 

スリッページはどうなの?

スリッページとは、
とあるレートで注文ボタンを押したのに、
そのレートよりも不利に約定することです。

「スベる」なんてよく言われます。

 

これは国内のFX業者に結構多い現象ですが、
値動きが荒い時によくスベります

 

ただ、XMに関しては
スリッページはほとんどないです。

というか、値動きが荒くて、
注文とタイミングが合わない場合は、
スベるのではなく、
約定が拒否されるようになっている感じです。

 

むしろ、こっちの方が、
不利なレートで約定されずに、
次のチャンスを待つことができるので、
個人的にはこっちの方がいいと感じています。

 

XMで適したトレードスタイルは?

XMの場合、国内のFX業者に比べると、
スプレッドは広くなっています。

(まぁ、海外のFX業者の場合、
XMに限らずどこも同じなのですが)

 

その為、数pipsを取るような、
超短期のスキャルピングには不向きです。

 

スプレッドがゼロになる
ZERO口座であっても、
手数料が1pipsほど取られるので、
少し難しいと思います。

 

ボラティリティがあれば、
スキャルピングも
できないことはないですが。

その代り、
スキャルピングをやるにしても、
最低でも利食いは+5pips以上は
欲しいところです。

 

だから、XMを使ってトレードをするなら、
デイトレードが一番オススメです。

デイトレードであれば、
1回の利益で20pips以上取れるので、
スプレッドはあまり関係なくなってきます。

 

XMの口座開設はこちら。

スタンダード口座
Zero口座

 

スプレッドが広い分、入金ボーナスが充実

海外のFX業者を使うと、
入金ボーナスが充実しています。

XMの場合も同様に、
スプレッドの広さをカバーすべく、
入金ボーナスが充実しています。

 

このボーナスは、
資金をXMのトレード口座へ
入金した際に受け取れるボーナスです。

 

このボーナスに関しては、
XMに取引口座を持っていれば、
誰でも、そして何回でも、
入金した際にボーナスをもらえます。

 

因みに、XMの入金ボーナスに関しては、
入金額に応じて、
以下のようにボーナスの額も変わります。

 

上記の表を見ればわかるように、
500ドルまでは100%ボーナスで、
仮に5万円入金した場合は、
5万円分のボーナスが貰えるので、
トレードの証拠金が10万円になります

 

10万を超えると、
独自の計算方法で、
最大5,000ドル(約50万円)まで、
ボーナスが貰えます。

 

しかも、XMのレバレッジは、
888倍もあるので、
少額の資金を入金するだけでも、
ボーナスによって資金が2倍になり、
かなりのエントリー枚数で
トレードができちゃいます。

入金ボーナスについて、
詳しく知りたい場合はこちら。
⇒XMのボーナスでFXトレードを有利に!

 

口座開設をするだけでトレード資金が貰える

XMではなんと、
口座開設をするだけで、
トレードに使える3,000円が貰えます。

 

これはXMに口座を
初めて開設する場合に限り、
口座開設完了後に、
3,000円のボーナスが貰えて、
それを使ってトレードができます。

 

因みに、このボーナスは
出金する事はできません。

 

ただ、このボーナスを使って、
トレードをした時に出た利益は
出金する事ができます

 

だから、XMでは資金ゼロからでも、
トレードができるので、
上手く利益を出せれば、
5万、10万、30万・・・という感じで
増やすことも十分可能です。

 

ボーナス付きで
口座開設をしたい場合は、
以下の記事で詳細を説明しています。
⇒XMの口座開設で3,000円を確実にもらう方法

 

入出金の方法も充実

XMでは、トレードをする際の入金方法や、
利益を出金する際の方法が充実しています。

 

入金方法に関しては、

・クレジット・デビットカード
・ビットウォレット
・ビットコイン
・銀行送金

この4種類が使えます。

 

入金方法について、
更に詳しく知りたい場合はコチラ

 

また、出金方法に関しては、

・クレジットカード出金
・銀行への出金
・i-Account
・ビットウォレット
・ビットコイン

といった方法があるので、
あなたの生活環境に合った、
入金や出金方法が選べます。

 

更に、出金に関しても、
出金拒否や出金遅れなどなく、
問題なく出金できます。

私自身もXMをメインで使っていますが、
今のところ、
出金拒否をされたことは一度もありません。

 

大体、出金依頼を出してから、
次の日にXM側で出金処理がされて、
その後は各出金方法に従って、
着金するまでの日数が変わります。

出金方法について
更に詳しく知りたい場合はコチラ

 

まとめ

今回は、XMのスプレッドについて、
詳しくお伝えしてきました。

 

上記で色々と説明したように、
XMのスプレッドは、
国内のFX業者に比べると、
少し広めになっています。

 

ただし、このスプレッドは、
他の海外のFX業者と比べても、
ほぼ同じなので、
XMが特別広いわけではありません

それに、ZERO口座の場合、
手数料が掛かるにしても、
トレードをするには
十分過ぎるほど狭いスプレッドです。

 

しかも、XMの場合、
海外のFX業者の中では大手で、
出金拒否などもされないので、
安心して使う事ができます。

だから、海外のFX業者を使うなら、
XMを使うのがオススメです。

 

そんなXMの口座開設をする場合は、
以下から口座開設ができます。

・スタンダード口座はコチラ
・ZERO口座はコチラ

 

その他、XMの使い勝手について、
詳しく知りたい場合は、
以下の記事も読んでみてください。
⇒海外のFX口座ならXMがおすすめ!