XMと言えば、
海外のFX業者の中でも、
もっとも人気がある業者の内の1つです。

 

そんなXMでトレードをする場合、
ロット数が国内のFX業者と比べると、
少しわかりづらいことがあります。

これはXMに限らず、
海外のFX業者全般に言えるのですが、
国内のFX業者を使う場合とは、
1ロットの意味が少し変わってきます。

 

XMでの1ロットは何万通貨?

国内のFX業者を使っていると、
1ロットといえば、
1万通貨を表します。

ただ、XMのような
海外のFX業者の場合、
口座タイプによって、
1ロットの意味が変わってきます

 

例えば、XMの場合、

・マイクロ口座
・スタンダード口座
・Zero口座

といった、
3種類の口座タイプが存在します。

 

そして、これらの口座で1ロットは、

・マイクロ口座:1ロット=1,000通貨
・スタンダード口座:1ロット=10万通貨
・Zero口座:1ロット=10万通貨

となっています。

 

その為、口座タイプによって
違うことを認識しておかないと、
1万通貨だと思って
1ロットでエントリーしたら、

「10万通貨で大きな損失を出してしまった」

なんてことになりかねないので、
注意が必要になります。

 

私も初めて海外のFX業者を使った時に、
1ロット=1万通貨だと思っていたので、
思わぬ損失を出したことがあります(笑)

 

ここで再度、ロット数について、
簡単にまとめておくので、
以下の表を参考にしてください。

マイクロ口座スタンダード口座Zero口座
0.01ロット10通貨1000通貨1000通貨
0.1ロット100通貨1万通貨1万通貨
1ロット1000通貨10万通貨10万通貨
10ロット1万通貨100万通貨100万通貨

 

1ロットの取引に必要な証拠金は?

XMでの1ロットに対する定義がわかったら、
次は、1ロットの取引をするのに、
必要な証拠金について説明します。

 

まず、XMの場合、
レバレッジが888倍です。

 

その為、1ロットに必要な証拠金は、
例えばドル円が110円の場合、
必要証拠金の計算式は、

110円 x 1ロット÷ 888倍

となります。

 

だから、1ロットに必要な証拠金は、

・マイクロ口座:123.87円
・スタンダード口座:12,387円
・Zero口座:12,387円

となります。

 

マイクロ口座は、
少し見づらいかもしれませんが、
1ロットあたり123円ですからね。

レバレッジ888倍ともなると、
必要証拠金の少なさに驚きですね。

 

これが国内のFX業者だったら、
現段階でレバレッジが25倍です。

だから、
1ロット(10万通貨)に必要な証拠金は、
ドル円が110円だとしたら、
44万円も必要になります。

 

この差を見ると、
圧倒的にXMの方が小資金で
トレードができますね。

 

以上が、XMでの1ロットに対する、
トレード枚数の説明になります。

 

再度まとめると、
XMでは1ロットあたり、

・マイクロ口座:1,000通貨
・スタンダード口座:10万通貨
・Zero口座:10万通貨

となります。

 

 

海外FX業者の方がリスクが低い!?

XMの場合、レバレッジが888倍もあるので、
国内のFX業者に比べると、
必要証拠金が圧倒的に少なく済みます。

 

上記で必要証拠金について
計算したように、
ドル円を110円とした場合、

XM:1ロット=12,387円
国内のFX業者:1ロット=44万円

といった証拠金が必要になります。

 

そして、必要証拠金とは、
拘束される資金になるので、

“XMの方が
大暴落あった際のリスクが低い”

ということを意味します。

 

これは何故かというと、
例えば、2015年に、
スイスフランショックがあって、
スイス円が大暴落をしました。

その時にスイス円を持っていた人達は、
損切りの逆指値を入れておいたのに、
レートが跳んでしまい、
必要証拠金を全て失う人が続出しました

 

ここで、XMと国内のFX業者で
必要な証拠金を再度確認すると、

XM:1ロット=12,387円
国内のFX業者:1ロット=44万円

となりますよね。

 

つまり、暴落などで、
必要証拠金を全て失ったとしても、
国内のFX業者では44万失いますが、
XMだと12,387円だけで済むわけです。

だから、XMのような、
レバレッジが高い海外のFX業者の方が、
金銭的リスクは低いのです。

 

それにXMの場合、
ゼロカットシステムもあるので、
自分の資金以上の負債は、
XMが負担してくれます

因みに、
スイスフランショックの時、
国内のFX業者を使っていた人達は、
数百万から数千万の借金を
負う人が続出しました。

 

「海外のFX業者は、
ハイレバレッジだから危険」

なんてよく言われます。

 

確かに、XMのように、
888倍もレバレッジがあると、
少ない証拠金で、
大きなロット数でトレードができます。

その為、資金に対して、
無茶なロット数でトレードをすれば、
損をした時に資金を失うのは一瞬です。

 

しかし、これは
海外のFX業者が危険なのではなく、
ハイレバレッジで、
無茶なトレードをする人が危険なのです。

この辺りを勘違いしている人が意外に多く、
海外のFX業者は敬遠されやすいんですよね。

 

正しい知識を持っていれば、
海外のFX業者ほど、
金銭的リスクは低いと私は考えています。

 

XMで口座開設するならどれがいい?

XMで口座開設をするなら、
個人的には、
スタンダード口座が一番です。

 

なぜなら、マイクロ口座の場合、
1ロットが1000通貨で、
1トレードあたりの最大ロット数が、
100ロットとなっています

つまり、最大で10万通貨しか
トレードができないことになります。

 

こうなると、例えば資金が増えて、
1トレードあたり、30万通貨で
エントリーできるようになっても、
いちいち3回に分けて
エントリーをする必要があります。

これでは不利なレートで約定したり、
ポジションが分割されるので、
決済の時など何かと不便になります。

 

一方で、Zero口座の場合、
スプレッドが最少でゼロになるので、
有利なレートでトレードができますが、

・手数料が掛かる
・レバレッジが500倍
・ボーナスがもらえない

といった制限があります。

 

「スプレッドが低い口座で、
とにかくトレードがしたい」

というのであれば、
Zero口座でもいいですが、
このような制限を考えると、
スタンダード口座の方が良いです。

 

 

スタンダード/マイクロ口座にはボーナスがある!

XMで口座開設をする場合、
スタンダード口座と
マイクロ口座に対しては、

・新規口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といったボーナスがあります。

 

新規口座開設ボーナス

このボーナスは、
XMを初めて使う場合に
口座開設をすると、
3,000円の資金がもらえます

 

つまり、このボーナスを使うと、
自己資金を使うことなく、
XMでトレードができます。

まぁ、3,000円の資金なので、
さすがに1ロットのトレードは無理ですが、
0.1ロットからコツコツ増やしていけば、
1ロットでトレードできるようになります。

 

だから、もしXMを初めて使うなら、
絶対にこのボーナスを利用すべきです。

 

ただ、このボーナスを利用するには、
口座開設時に少し注意が必要になるので、
以下の記事を必ず読んでください。
XMの口座開設で3,000円を確実にもらう方法

さもないと、
ボーナスを受け取れなくなる
可能性もありますからね。

 

入金ボーナス

入金ボーナスは、
XMで口座開設後に、
資金を入金すると入金額に応じて
取引に使えるボーナスをもらえます。

 

例えば、5万円を入金した場合、
更に5万円分のボーナスがもらえるので、
資金がトータルで10万になります

その為、たった5万であっても、
ある程度余裕をもって、
1ロットの取引ができるようになります。

 

因みに、入金ボーナスは、
入金額に応じて、
最大で50万相当までもらえます。

ボーナスについて、
更に詳しく知りたい場合はこちら。
XMのボーナスでFXトレードを有利に!

 

XMでのトレード方法は何が良い?

XMでトレードをする場合、

・888倍のハイレバレッジ
・新規口座開設ボーナス
・入金ボーナス

といったような利点があります。

 

だから、1ロットのトレードも
比較的簡単にできるので、
その分、資金効率が良くなります。

 

そんなXMでトレードするなら、
私個人としては、
デイトレードが一番やりやすいと思います。

 

なぜなら、XMの場合、
ハイレバレッジやボーナスがありますが、
スプレッドが少し広いからです。

 

これは海外のFX業者特有なのですが、

・ドル円:1.7
・ユーロドル:1.6
・ユーロ円:2.6
・ポンドドル:2.5
・ポンド円:3.8

といったスプレッドになっています。

 

これだと、
スキャルピングをするには、
少しスプレッドが広いので、
トレードがやりづらくなります。

 

一応、Zero口座であれば、
手数料は取られるものの、
スプレッドが平均して、

・ドル円:1.1
・ユーロドル:1.1
・ユーロ円:1.7
・ポンドドル:1.8
・ポンド円:2.3

といった感じなので、
スキャルピングを
できない事はないです。

 

ただ、Zero口座は、

・ボーナスなし
・レバレッジ500倍

なので、
スタンダード口座のように、
“簡単に1ロット取引ができる”
というのではないです。

 

だから、私個人としては、
XMでトレードをするなら、
デイトレードが一番やりやすいと
思っています。

XMのスプレッドについて、
詳しく知りたい場合はこちら。
海外FX業者のXMのスプレッドを徹底気に暴露!

 

 

まとめ

今回は、XMでの1ロットは、
何万通貨になるのかを説明しながら、
その他のこともお伝えしてきました。

 

XMに限らず、
海外のFX業者の場合、
1ロットの換算が
口座タイプによって変わってきます。

だから、国内のFX業者を使っていて、
その時の1ロットの感覚で
トレードをすると、
思わぬ損失を受けることがあります。

 

ただ、ロット数については、
1度把握してしまえば、
トレードに影響することはないので、
特に難しいことはないです。

 

一応、最後にまとめておくと、
XMでの1ロットは、

・マイクロ口座:1,000通貨
・スタンダード口座:10万通貨
・Zero口座:10万通貨

となります。

 

 

XMの使い勝手について、
更に詳しく知りたい場合はコチラ