XMといえば、

・3,000円の取引ボーナス
・100%入金ボーナス
・取引ポイントによるボーナス

といったような特典があるので、
FXでトレードをするには、
かなり便利な海外のFX業者です。

 

 

そんなXMですが、
FXをする際のプラットフォームは
MT4が主流で、
これはスマホでも使うことができます。

 

MT4といえば、
FXをやっている人からすると
使い慣れたアプリなのですが、
スマホのMT4ってどうなのでしょうか?

そこで今回は、
XMのMT4をスマホで
実際に使ってみた感想を評価してみました。

 

MT4へのログイン方法は?

まず、XMで口座開設後に
スマホでMT4をダウンロードして、
インストールをします。

 

そうすると、スマホ上に
MT4のアイコンが出てきます。

 

そして、スマホ上で
MT4アイコンをタップして、
アプリを立ち上げると、
以下のような画面が出てくるので、
画面右下の“設定”を押します

 

 

設定をタップすると、
MT4の利用状況が出てくるので、
そこで”新規口座”をタップします。

 

そうすると、
MT4を登録する画面が出てくるので、
“既存のアカウントにログイン”
をタップします。

 

ここから、サーバ画面に移動するので、
検索バーの箇所に、XMと打ち込みます。

 

XMと検索バーに入力すると、
該当するサーバーが
ズラーッと出てくるので、
スクロールしていくと、
XMのサーバーが出てきます。

 

ここで口座開設完了時に
XMから来たメールを確認して、
あなたの口座に該当する
サーバーを選択します。

 

該当のサーバーをタップすると、
ログイン画面が出てくるので、

・MT4のID
・パスワード

この2つを入力して、
サインインを押すと、
あなたの口座へログインができます。

 

これでログインができれば、
スマホでXMの口座から、
チャートが見れたり、
トレードができるようになります。

 

微妙に面倒くさいですが、
一度ログインをすると、
次回以降は
自動でログインしてくれるので、
この作業は最初の1回で済みます。

 

通貨ペアはどう設定する?

XMのMT4にスマホでログインしたら、
最初の行うことが通貨ペアの設定です。

スマホで初めて使うときは
通貨ペアの設定方法に
かなり戸惑うと思います。

 

まず、不必要な通貨を削除する場合、
MT4の左下の”気配値“をタップします。

 

そうすると、気配値が出てくるので、
その画面の左上にある、
鉛筆マークをタップすると、
通貨を削除する画面が出てきます。

 

通貨を削除する画面が出てきたら、
削除したい通貨を選択して、
右上のごみ箱をタップすると、
通貨が削除されます。

 

次に、自分がトレードをしたい
通貨を追加する方法ですが、
気配値画面の右上にある、
プラスをタップします。

 

プラスをタップすると、
XMで取り扱っている通貨が
ズラーッと出てくるので、
自分がトレードをしたい通貨を選択して
完了を押すと、通貨が追加されます。

 

これで自分がトレードしたい通貨の
チャートが見れるし、
取引もできるようになります。

以上が、スマホで通貨ペアを
設定する方法になります。

 

これもけっこう面倒くさいですが、
最初の1回だけなので、
我慢してやります(笑)

 

因みに、
パソコン側でエントリーした通貨が
もしスマホ側に追加されていない場合は、
そこは同期されて
勝手にスマホの通貨ペアに追加されています。

 

例えば、スマホのMT4側に、
ドルカナダの通貨ペアがない状態で
パソコンからドルカナダで
エントリーしたとしますよね。

そして、エントリー後に
スマホの画面をチェックすると、
自動でドルカナダが追加されてるんです。

 

だから、ドルカナダのチャートや
ポジションの保有状況を
すぐに確認できるので、
これはけっこう便利ですね。

 

チャートは使いやすい?

スマホでMT4を見る場合、
パソコンに比べて
当然ながら画面は小さいです。

だから、正直なところ、
私は使いやすいとは思いません。

 

スマホでのチャートの見え方

私の場合、iphone8なのですが、
スマホでMT4のチャートを見ると、
こんな感じです↓↓

 

 

横にすれば、
それなりに全体の流れは見れますが、
縦にするとちょっと微妙ですね。

 

複数時間足が同時に見れない

FXで安定した結果を出すには、
複数の時間足を見ながら
全体の流れを見ることは必須です。

 

例えば、パソコン版のMT4なら、
複数時間足が見れるので、
全体の流れを把握しやすいです。

 

ただ、スマホのMT4では
これができないので致命的です。

 

だから、15分足以下で
短期のデイトレードをする場合は、
画面を何度も切り替える必要があるので、
スマホのMT4だとあまり向きません。

逆に1時間足以上の
スイング気味のトレードであれば、
特に問題ないでしょう。

 

水平線やトレンドラインは引ける?

スマホのMT4では、

・水平線
・トレンドライン
・アングルトレンド
・矢印線
・サイクルライン
・垂直線

といったラインが使えます。

 

例えばこんな感じで↓↓

 

これは個人的にはかなり便利だと思います。

MT4でない、別のFX業者では、
スマホ用のアプリだと
水平線などが引けない場合もあるので、
この点に関してはMT4は優秀です。

 

もちろん、
水平線などを引いた状態で
上位足に切り替えたとしても、
消えずにちゃんと残っています。

 

だから、あらかじめ
意識されそうな水平線や
トレンドラインを引いておくことで、
ポジション保有中の
利食い目途などに使うことができます。

 

因みに、水平線などを削除する場合は、
ライン上で長押しすると、
削除する画面が出てきます。

 

ここで削除を押すと、
ラインが削除されるので、
これも使いやすくて良いですね。

 

インジケーターは使える?

MT4といえば、
インジケーターの種類が豊富ですよね。

スマホ版のMT4では、
20種類のインジケーターが使えます

 

例えば、トレンド系であれば、

・MA(移動平均線)
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
・エンベロープ

といったインジケーターが使えます。

 

オシレーター系であれば、

・MACD
・RSI
・ストキャスティクス

といったインジケーターが使えます。

 

その為、もしインジケーターを使って
トレードをする場合は、
それなりに便利だと思います。

一応、以下にスマホ版MT4で使える
インジケーターを載せておきます。

 

ただし、スマホに関しては、
カスタムインジケーターは使えません

 

パソコン版のMT4なら、
カスタムインジケーターが使えるので、
自分の好きなようにできるのですが、
スマホ版はそうはいきません。

だから、カスタムインジケーターを使って
トレードをしている場合は、
ちょっと物足りないと思います。

 

因みに、
インジケーターの削除方法は、
まずはチャート上で
インジケーターアイコンをタップします。

 

そうすると、
インジケーター設定画面に移動します。

 

この画面で削除したい
インジケーターを選んで、
左側へスワイプすると、
削除項目が出てきます。

 

そして、削除をタップすれば、
インジケーターを削除できます。

 

このような感じで
スマホのMT4でも比較的簡単に
インジケーターを使えるので
使い勝手は悪くないです。

 

 

注文方法はどうなっている?

スマホでトレードをする場合、
注文方法はかなり大事になってきます。

注文がスムーズにできないと
不利に約定をしたりするので、
損をする可能性がでますからね。

 

成り行き注文

まず、MT4から注文を出す場合、
スマホ画面で右上にある、
“トレード”という箇所をタップします。

 

そうすると、
成り行き注文画面が出てくるので、

・Sellを押せば売りエントリー
・Buyを押せば買いエントリー

となって、
ポジションを保有することができます。

 

この時に一応、

・損切り
・利食い
・スリッページ

この3つの設定もできます。

 

因みに約定スピードですが、
かなり早いです。

押した瞬間に約定するので、
この辺りのスピードは
パソコン版と変わりありません。

 

指値注文

次に指値注文ですが、
この注文方法を使う場合は、
画面の上にある、
“即実行”という箇所をタップします。

 

そうすると、指値注文の項目が
以下のように出てきます。

 

ここから自分のトレードに合わせて
指値注文を出すことができます。

 

因みに、指値の種類としては、

・Buy Limit:買い指値
・Sell Limit:売り指値
・Buy Stop:買い逆指値
・Sell Stop:売り逆指値

という感じになっています。

 

そして、注文をする際には、

・エントリー価格
・損切り
・利食い
・有効期限

といったことも指定できます。

 

このような感じで注文が出せますが、
スマホの場合、パソコンのように
“チャートを見ながらエントリーする”
というのができないので、
少し使いづらいです。

だから、1分足の動きを見ながら
タイミングを計ってエントリーする場合は、
スマホでの注文は止めた方が良いです。

 

決済方法はどうなっている?

スマホ版MT4の決済方法は、
ちょっと面倒くさいです。

 

まず、スマホ画面の下にある、
“トレード”という場所をタップします。

 

そうすると、
保有ポジションの画面に移動します。

 

そして、決済したいポジションの場所を
長押しすると決済画面が出てきます。

 

 

成り行きで決済をしたい場合は、
“クローズ”をタップすると、
成り行きの決済画面が出てくるので、
“Close with ・・・”
と書いてある場所をタップすると
成り行きで決済ができます。

 

因みに、決済も早いです。
タップした瞬間に決済されます。

 

次に指値注文をしたい場合は、
“注文変更”を選択すると、
利食いと損切を
入力する画面が出てくるので、
希望のレートを入力して
注文変更をタップします。

 

こうすることで
利食いと損切が設定されるので、
どちらかのレートに達したら
自動で決済されます。

 

スマホのMT4で決済をする際は、
このように段階を追って
決済をする必要があるので、
けっこう面倒くさいです。

パソコン版のMT4なら、
ワンクリック決済があるので
チャートの動きを見ながら
決済できて便利なんですけどね。

 

以上が、XMでスマホ版MT4を使って
トレードする方法になります。

 

総評

今回、XMのスマホ版MT4で
トレードをしてみた感想としては、

そこまで使いやすくない(笑)

と個人的には感じました。

 

ただし、これは
トレードスタイルによる部分も大きいです

 

私の場合、
15分足以下でトレードをするので、
複数時間時間足を同時に見るし、
チャートの形によっては
手動で利食いや損切をします。

だから、私のように
短期トレードをする場合は、
スマホでのトレードは
あまり向かないと思います。

 

逆に1時間足以上の
スイング気味のトレードや、
“損切りと利食いは指値しか使わない”
といった場合は、
スマホ版のMT4でも
何の問題もなくトレードできるでしょう。

むしろ、水平線や
トレンドラインも引けるので、
普通に使いやすいと思います。

 

あとは、外出先で
チャートをチェックする時などは、
スマホ版MT4が一番いいです。

なんだかんだ言って、
MT4が使い慣れているので
チャートが見やすいですからね。

 

それでも、
使いやすさの感じ方には
個人差があるので、
興味がある場合は、
試してみると良いと思いますよ^^

 

 

その他、XMについて、
もう少し詳しく知りたい場合は、
以下の記事も参考にしてみてください。

XMの口座開設方法

XMのボーナス

XMの取り扱い口座タイプ

XMの全体的な使い勝手